入 門 案 内


今までやったことのない事を始めるには不安がつきものです。
でも、そこで諦めてしまっては何も始まりません。
迷った時、まずは一歩を踏み出そう‼

「何でもやらなきゃわからないでしょ」「興味を持ったことにどんどん挑戦していこう‼」

何か新しいことを始めるときにみんなが思うこと
「自分にできるようになるのかな?」「自分に向いているのかな?」このようなことを思ったりしてませんか?
何かを始める前にこれらを考えても意味がないと思っています。なぜなら、これらは実際にやってみたあとにわかる結果だからです。
でも、これらを考えてきっと自分にはできない、向いていない考えてしまい始めることをやめてしまう人は多いと思います。
じゃ何か新しいことを始めるときに大事なことってなんなのでしょうか?
それは自分が「やりたい」か「やりたくない」かで決めることです。
やりたいかやりたくないかにできるかできないかは関係ありません。

人生は一度きりです。幾つになっても自分なりの目標をもって 無我夢中になれる趣味があるってカッコいいではありませんか。

入門について

10代から60代の方までの幅広い年齢層の方々が稽古に励んでいます。
居合術の習得のみならず、健康増進、ストレス解消、歴史や日本文化の興味、日本刀の関心…など居合を始める目的は人それぞれ違いますが道場という場を共有し、一生懸命汗を流す中で、それぞれが自己啓発のために頑張っています。

武道経験の必要は全くありません。老若男女問わず、心身共に稽古に支障がなく学びの姿勢と向上心のある方であれば大丈夫! 基本から丁寧に指導します。

※実際にご自身の目で稽古内容、指導内容、雰囲気などご覧いただき、永く続けられそうか判断して入門していただいておりますのでお気軽に見学もしくは体験にお越しください。
入門に関するご質問など御座いましたら下記『お問い合わせフォーム』をご利用ください。

見学について

入門の前に見学をおすすめしております。
どなたでも見学は随時受け付けております。
ご家族、ご友人等、お連れ様とご一緒に見学も可能ですので、事前連絡の上お気軽にお越し下さい。
Googleカレンダーを参照の上、都合の良い稽古日を選んでください。
下記『見学申し込みフォーム』から申し込んでいただければ折り返しご連絡させていただきます。

体験稽古について

入門の検討を前提とした方を対象とした体験稽古ですので単に体験してみたいだけの方はご遠慮ください。
当日は5分ほど前までにお越し下さい。
服装に関しては、運動に適したジャージなどで構いませんので持参ください。
またタオルやスポーツドリンクの用意をお願いします。
(各施設内に自販機や更衣室は御座います)

木刀、角帯は貸し出します。
居合刀、稽古着、帯などお持ちの方は持参していただいても構いません。
礼作法から抜刀・納刀・素振りなど基本的な身体操作も体験していただきます。

体験稽古時間は約1時間程度です。残り時間は自由見学可能です。

ご希望の方はGoogleカレンダー参照の上、都合の良い稽古日を選んで申し込みください。
下記『体験申し込みフォーム』から申し込んでいただければ折り返しご連絡させていただきます。

費 用


入門時に必要な費

  • ■月 謝   :5,000円
    月会費制ですので、月に何度でも、どの稽古場所でも稽古ができます。
  • ■年 会 費 :5,000円/年
  • スポーツ保険 :2,000/年
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

稽古に必要な道具 
指定業者より一括購入していますので、安価で提供できます。

  • ■入門セット:5万~ 
  • セット内容:居合道衣・袴・角帯・白足袋・膝サポーター・鞘付き木刀・杖・刀剣バッグ
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
  • ■居合刀 : 6万~
  • ※居合刀について
  • 低品質の素材を用いた安価な居合刀を使用することは大変危なく、場合によっては大事故につながる危険もございます。また稽古で使用するには、自分の身長、両端の指先から測った腕の長さ、性別、年齢、流派よって選ぶ刀の長さ、重さなどが決まってます。
    当流には刀の規定等がございますので相談の上、指定業者にて購入していただきます。
    現在お持ちの居合刀がございましたらご相談ください。
    当会の指定業者の居合刀は、日本の伝統ある刀工房でその人に合わせた長さ、重さ、バランスを考え熟練の職人の手により一本一本製作されている高品質かつ安全な居合刀です。
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。

よくある質問

  • 居合いなど武道の経験がありませんが、大丈夫でしょうか?

    武道経験は全く関係ございません。
    皆さんの目的はそれぞれです。
    ストレス解消、体力増強、ダイエットなど健康目的で始められる方も多く、ほとんどの方は武道の未経験者です。

    また、古武道や日本の伝統文化に興味を持ち始められる方もいらっしゃいます。
    居合いを始めようとする上で大事な事は、体力でも武道経験でもありません。
    学びの姿勢と、行動力です。かえって武道経験がない方ほど上達は早いです。
    居合の稽古は自分自身を向上させる修行の場とお考え下さい。
  • 毎回、稽古に通えそうにないのですが・・・稽古の途中からでも参加や抜けたりすることが出来ますか?

    途中参加や途中退場も可能です。
    皆さんそれぞれ仕事があったり、用事があるので毎回稽古に来ることができなくても大丈夫です。
    少しの時間でも稽古できるように工夫していただくことが大切だと考えています。
    自分の出来る範囲で無理のないペースで長く続ける事が大事です。
    各支部の出稽古も可能ですので日時が合えば積極的に参加してください。
    どこに、何回参加されても月謝は変わりません。
    また、自宅でも出来る稽古法も伝授いたします。
  • 体力に自信がありませんが、居合いの稽古についていけるでしょうか?

    稽古においてその人の経験、体力、目的に応じた指導を行うよう努めております。
    剣道のように叩かれませんし、激しくも動きません。柔道のように投げられませんし、空手のようにどつかれません。大丈夫です。

    体幹や軸を意識した動きに丹田呼吸法も取り入れておりますので、姿勢、腰痛、肩こりなど体の不調も改善されるでしょう!
    女性や高齢の方が自分のペースで日々鍛錬を積んでおります。
    体調不良の場合は無理をせず、見取り稽古を行う事も可能です。

  • 年齢、性別に制限はありますか?

    錬誠会では年齢制限を設けていませんので、年齢、性別に関係なくどなたでも入門頂けます。
    中学生から60代の方まで幅広い年齢層に対応しております。
    又、親子や友達同士での入門も歓迎いたします。
    やってみたいと思った時が適齢期です。

  • 居合を習いたいのですが、正座が出来ないと稽古出来ませんか?

    錬誠会では座業と立業があります。
    膝が悪い方でも稽古に励んでもらえるよう座業を立った状態で抜いてもらったり、座れない人への指導法もあるので遠慮なく相談ください。

  • 稽古の見学や体験はできますか?

    随時、見学や体験を受け付けております。
    お問合せフォームにて事前連絡お願いしております。
    体験は動きやすい服装(ジャージ等)でOKです。

  • 始めるのに道具等どれくらい費用がかかりますか?

    道具はそれぞれ安いものから高いものまで様々です。
    ご自身で準備されても結構ですが、当会では取引業者がございますのでご相談いただければ安価にて提供できます。
    8万円前後で一通りが揃います。
    頻繁に取りかえるものはございませんので、一度、揃えれば長く使用できます。
    稽古に必要な道具(居合刀・刀袋・道衣・袴・角帯・足袋・鞘付き木刀・杖)

  • 入門するにはどうすればいいのですか?

    まず、見学もしくは体験にお越しください。
    雰囲気や稽古内容をご覧いただき永く続けられそうか判断していただいてから入門していだたいております。
    入門申し込みを提出の上、月謝5000円、年会費5000円、スポーツ保険2000円を添えて入門手続きを終えてください。
    入門初日は新人講習を受けてください。その後、形の伝授となります。

  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

稽 古 内 容


『継続は力なり』
武術の修行は一朝一夕にならず。
日々是鍛練

諦めずに努力して己を磨き上げ、技術や身体能力の向上を日々積み重ねる事が大事です。


関口流抜刀術
流儀の特徴は、飛び違い斬りである。太刀を斬り下ろす際に、同時に前後の足を踏み替える斬撃法である。
小太刀の場合も、飛違いの動作で突く。敵を圧倒する掛け声も特徴とする。
居合術
形稽古
鞘に収まった状態から仮想敵をイメージしてそれぞれの形の術理に沿って技を修練します。
形稽古は主に一人で行い敵の攻撃から自身を守る技術を学びます。
当流は立ち技・座り技などを含め約60本の形があります。
組太刀
剣術
木刀を用いて二人一組でそれぞれの技の術理に沿って打ち合います。
間合いや動き、呼吸を読みとる実戦に近い稽古です。
杖術
四尺二寸一分(約128cm)の杖を使い突き、払い、打ちなど千変万化の技を繰り出すことができる武術です。杖と一体となる動きで柔らかく力強い操法を学びます。
体術
柔術
素手の技術として、相手に働きかけて崩し、制する技術を学びます。
無駄なく合理的に用いり相手の中心を取る、軸と丹田の意識、気体剣の一致といった剣の術理をより精緻に磨いていくための練習体系であると考えています。
抜刀術
斬り稽古
真剣を使って実際に斬る稽古です。 刃筋の確認や狙い通りに刃を導けているかなど確認します。
習得した技で斬り修練を積み上げていきます。
その他

鉄扇術・棒手裏剣・脇差・短刀術
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

錬誠会代表・師範 林 貴之

座右の目:己心貫徹 己道一進   武号:玄柳斎
幼少期より武道に親しみ柔道・剣道・柔術を学ぶ。
居合では無外流・無双直伝英信流・関口流を学び独立。
2021年1月に
実戦的な居合と効率的な身体操作を求め『錬誠会』を創設
✉ renseikai.iai@gmail.com  📲090-5013-9433
  
このブロックは非表示設定になっています公開ページで表示したい場合は「ブロックの設定」から変更してください
  
このブロックは非表示設定になっています公開ページで表示したい場合は「ブロックの設定」から変更してください